食べる 学ぶ・知る

コロンボのカレーレストラン「Upali’s」で料理教室 シェフがスパイスのコツ教える

料理教室で取り上げるスパイス

料理教室で取り上げるスパイス

  • 0

  •  

  コロンボのシナモン・ガーデンズ地区にある観光客にも人気のカレーレストラン「Upali’s(ウパリズ)」が今月、料理教室の生徒募集を開始した。

「Upali’s」で提供されるカレー

 同レストランを経営するウパリさんは、スリランカビジネス界でもよく知られた実業家。Nawalokaグループのトップとして、Nawaloka木材店やNawaloka産業、Nawaloka貿易など6つの会社をマネジメントしている。

[広告]

 多才なウパリさんは、料理上手でもあり、時間の許すかぎり家族や友人のために腕をふるっていたという。「レストランをやったらどうか」と友人から数年言われ続け、同レストランを開店するに至った。今では、観光案内などでもよく紹介される名店の一つになっている。

 同教室で教えるカレーの種類は、ダールカレー、チキンカレー、ココナッツのサンボル(あえ物)、カシューナッツカレー、カニカレー、Tempered Prawns(スパイシーなエビ蒸し)など。クラスの日程や、どのカレーを作るかは参加者と相談して決め、主にスリランカ産のスパイスに関する知識や使い方を解説する予定。併せて調理上のテクニックやコツも伝える。講師は同レストランのシェフが務める。海外からの生徒には英語で教えることも可能。

 教室の時間帯は同店がランチ営業を開始する前の約90分。クラス終了後、同レストランで調理したカレーを食べることもできる。

 開催時間は10時~11時30分。受講料は1人=Rs. 5,500。